ブログトップ

a-lows な日々(旧)

denzi02.exblog.jp

DENZIさんの危なくも低俗な日々。

2010年 02月 02日 ( 1 )

地元もいいけど、本場もね!!

ささ、遠征のジカンですよお! れっつごお~!!

b0092232_1065978.jpg
雪化粧だったり


b0092232_1073172.jpg
蒼い空気だったりして・・・・


b0092232_108105.jpg
よしあれだな。 全部やっつけちゃる!!(絶対嘘)


んでまあ、凌雲閣へと冷や奴を登らせるワケだけど・・・・・声を大にして言いたいことが一つある。
「こんなとこチャリンコで登るなんてアホーのやる事だ!!」



b0092232_1091911.jpg
さあ出発。 スパッツのセッテングもOK(笑)
さすが標高1250m、気温-15℃。 画が違うもん。 何撮っても尋常でない画が出るからとっても楽。


b0092232_1020364.jpg
さーて、どこ攻めようか? んー、やっぱこの三段山かねえ。(無計画かよ!)


b0092232_10215944.jpg
んで、以後の行動ルートはこんなカンジ。(なんだ結局途中撤退かよ 笑) 
地形図がほしいねえ。 ポイントの絶対座標や高度を記録してほしいねえ。
贅沢を言ってはいけません。 なぜって? これはカーナビだから(爆)
現在地座標や高度は、デジカメで写しときゃいいのか? しかしあの状況ではあんまりやりたくないねえ。


b0092232_1033592.jpg
まず先人のラッセルに従い、A点の尾根へトラバース。
しかし、こりゃ登山家みたいな画だねえ。


b0092232_10361566.jpg
あとはこの尾根づたいをえっちらおっちらと・・・・絶対上までは無理だな。

さすが尾根。 普通に強風。 ラッセル跡をトレースしないとマズ。
谷側なんておっかなくて行けないし、平地側もいきなり腿までのパウダーにはまる。
行動的、気象的に一眼レフはオイラにゃもう無理。ザックにしまい、あとはμの出番。 
画質劣るからキビかなと思ったが、帰ってから見たらそう見劣りしない。
被写体に力があるからやれ解像度がどうの画の奥行きがこうのなんて些細なことになるんだな。
大切なのはその前に対峙し、撮る、ってこと。 そうしなきゃ画は撮れないんだ。


b0092232_10515617.jpg
はい、ここ、C地点を終点とする。 戻るよ。
こうやって画で見ると、その時の判断に説得力があるなあ(笑)


b0092232_10543751.jpg
ピークハントの快感は、ここD地点(A)にて擬似体験する。 わーい、てっぺんてっぺん!!


b0092232_1056472.jpg
さて戻るか?ってトコだけど、どうせだからもちっと延長。 沢沿いを登ってやりましょか。


b0092232_10583519.jpg
だってこんな画撮れるし。


b0092232_10592882.jpg
いよーし、コイツを終点とすべし!
こんな山ん中に来て人造物を終点としなくてもイイとも思うんだが、人造物に安心を感じる心理も否定できない。
追い詰められてるねえ(笑)

b0092232_1131535.jpg
フリベン、よく頑張った。 えらいぞ。 あっ、でもしゃべんなくていいからメンドくさくなるから(笑)


b0092232_1154955.jpg
悲しい事。 ジャムパンがかなりコンパクトにまとまってしまったこと。


b0092232_1165738.jpg
悲しい事2。 いかなサーモスをもってしてもこの状況下では人肌が精一杯なこと。


b0092232_1195453.jpg
やー、素晴らしかった。 さーさーフロだビールだふとんだ! メシがコンビニなのは残念だが、お一人様だからこれでいいのだ!

ん? 状況説明でオシマイかよ!って?? 出すから。 説明不要の画も、ちゃーんと出すから。



     明日は、どっちだ?
[PR]
by denzi-orange | 2010-02-02 11:24 | 野山沢谷