ブログトップ

a-lows な日々(旧)

denzi02.exblog.jp

DENZIさんの危なくも低俗な日々。

2010年 01月 12日 ( 1 )

さてまたまたお休みの日。
イワオ様によってファイヤーされちゃったDENZI君が次に向かうのは、もっと遊べる山なのか、それともさらに激しい山なのか・・・・
「いやだなあ、そんな山ばっかし行ってたらあきちゃうじゃないですか。」
へ?またずいぶんとまともなことを・・・・で、どちらへ?
「きょうはたいらなとこで遊ぶんですよ、さっぽろのマチなんていいじゃないですか。」
らしくない展開ですなあ、で、またまた冷や奴を適当なとこに止めて?
「歩道が除雪されてるんで安全ですからね、今日はそれを遊びましょう。」
・・・・・と言いながら、どうして河川沿いを下ってるんですか?
「ちょっと海が見てみたいじゃないですか。浜でお写真なぞ撮りましょう。」


b0092232_20214114.jpg
うーむよしよしうーむ。 ええのう、海は。 荒々しいもの。 誰もいないもの。 ・・・つうことは、やり放題ってことかえ?

やー、やっぱ海は冬だわ! 砂が締まってて平らで、なんとかなっちゃうもの! よし、んじゃ、行けるとこまで・・・・


b0092232_2026110.jpg
とは言え、ペダリングはシビアだあ! 無理矢理かっちゃくようなマネをすると、笑っちゃうくらいにペダルが重くなり、スタック。
ご覧のとおり、よれよれのわだちがヘタクソの証明。


b0092232_20293855.jpg
それでも、うまく砂に乗るとスイーッと進んでくれる。
フラットな砂の面を崩さないように進むには、ちょっとしたコツが要るのだ。


b0092232_20324332.jpg
スムーズにトラクションをかける為に、キレイに回すペダリングをするってえのはもちろんだ。
そして、コツは前輪の使い方。 前輪で砂の面を荒らすと後輪がめりこみ、かっちゃきモードに突入するのだ。
サドルの後ろに体重をかけ、前輪への荷重をへらし、ハンドルから力を抜き、こじって砂を荒らさないようにする。
そしてひったすらスムーズに回ーすペダリング。
気分はジャック・アンクティル。 精密機械のようなペダリングをこころがけると、砂の上を浮くように進むのだ。
なんか特訓してる気分。 ロケーション的には特訓以外にありえないし。(笑)


b0092232_20443252.jpg
結局新川河口から樽川埠頭まで行ってしまうバカ。 こういう大人にはなってはいけないぞ。
[PR]
by denzi-orange | 2010-01-12 20:50 | ばいくバイクBike