ブログトップ

a-lows な日々(旧)

denzi02.exblog.jp

DENZIさんの危なくも低俗な日々。

2009年 08月 07日 ( 1 )

ここんとこ、休みとなれば乗りまくりでボロンボロンのオイラ。
Lumさんはそのあたり、一切容赦ナシだから、もうそれは哀れなくらいにボロンボロン。
b0092232_10533891.jpg

このままでは死んでしまうとばかりに、いろいろと買いこんでは、すこしでも楽をしようとあがくオイラ。
今回はとうとう、禁断のアイテムに手をだしてしまいました。
その名も 「SKINS」。なんともオカモトリケンちっくなこれは、まあ検索すりゃワカル。
大枚はたいてサイクルシリーズのロングビブを買いました。
さっそく装着してへこへこと70km。 翌日、連チャンで90km。
b0092232_1164619.jpg

で、どうだったかというと・・・・・・、すぐスリーブレストップを買いました。(爆)
だってえ、下半身がさほどダメージ食らってないのに、上半身が悲鳴をあげちゃうんだもん。
やー、マジ効くわ、これ。 「着るドーピング」ってのが納得できるもん。
b0092232_11113281.jpg

んで、中三日で100km。 今度は上半身も平気。 すげえ。

でもね、さすがに27℃の陽気の中、うすうすのウエットスーツみたいなのに全身くるんでへこへこと走ってたら熱もこもるわな。
最後の冷水峠の登り、軽い熱中症で頭痛がしてきました。 しかしこの峠、越えないことには帰れないしなあ。
昔は頂上で休憩施設があって、冷や水いただけたんだけどねえ。下りを惰性で下って、ゴールの都の運動公園で水かぶりました。
b0092232_11232151.jpg

まあ、やっぱしっぺ返しっつうのはあるわな。
全身びちびちに締め付けられてるんで、血圧あがって、こめかみピクピクするカンジだもん。
んでも、この筋肉周りのダメージの少なさは手放せない。
もちっと気温が下がればマストアイテムですな。

あとね、オンセンがはずかしいのよ。
上着脱いだらアレでしょ。 しかもフロ上がってまた着るんだから(笑)
着圧による回復効果があるから、トレーニング後も着っぱなしのほうが回復が早いとはいえ、ねえ(笑笑)
恥知らずには自信のあるオイラでさえこれだけ抵抗があるんだから、常識ある善男善女のみなさんはさぞかし・・・・・(笑笑笑)


んでもまあ、恥も外聞も言ってられないんだわ、もう。
23日ですから。サイクルショップ朝里名物、小樽~函館耐久ラン。
体力も気力もすべて使い尽くしてもなお足りない12時間、250Kmですから。

死ぬな、こりゃ。
[PR]
by denzi-orange | 2009-08-07 11:49 | ばいくバイクBike