ブログトップ

a-lows な日々(旧)

denzi02.exblog.jp

DENZIさんの危なくも低俗な日々。

2009年 07月 01日 ( 1 )

ぢゅっ、ぢゅっ、ぢゅりぢゅら、ぢゅらえー、すー ♪
b0092232_2014178.jpg

あくまで街撮りの足、としてせしめたはずの石橋くんであったが、
やはりドロップハンドルと街撮りは両立するはーずがない。
ひとたびペダルをふみこめばあのサビもこのサビもすべて後方にぶっとばす。
オレがいて、バイクがいて、道がある。 他にはなにもない。 OK。
短距離快楽抽出器としてのポテンシャルを高めるため、悪のパーツをぶちこんじゃったぜ。
その名も高き、シマノ・ヂュラエース・ナナヨンさ!
やー、たまらん! このナナヨンの殺気だったカクりクランク!!
最新の何ちゃらカーボンクランクなんかより全然かっこいい!!
この「血ぃ吐くまで踏まんかいボケ!!」的なヂュラ鍛美学がもう!もう!!
やっぱ別格。 600アルテとは一踏みにこもる気合いがちゃうのねん。
「単なる古いレーサー」だった石橋くんが凄みすら感じられるカッコマシーンに変身しました。 ウレシイ。
そして実際踏んでもイイ。 Wレバーなんで加速しながらシフトアップ、なんて芸当は苦手なんだけど、
重いギアで踏んでって、ケイデンスがあがっていくと、「ベアリングが油膜に乗る」感じが伝わるのよ。
しゃばいわ、コレ。

b0092232_20451767.jpg

なんつーコトをしでかしてると、「ダーリン!浮気は許さないっちゃ!!」とのたまう娘あり。
「そんなのよりウチのほうが全然魅力的だっちゃ!!わかっとんのけ!!!」
うっ!ううーむ確かにイイ!! カチッとしていながらなめらか。 一枚上手。
君とならイケル。踏ませて踏ませてどこまでも。 
朝里峠の時計もシーズン初めよりかなり上がってきました。 ええぞええぞ。
[PR]
by denzi-orange | 2009-07-01 21:13 | ばいくバイクBike