ブログトップ

a-lows な日々(旧)

denzi02.exblog.jp

DENZIさんの危なくも低俗な日々。

ふさわしい男になろう。

先日のこと。
オイラはとある大型アウトドアショップの自転車コーナーにて(はい、もうどこだかおわかりですね)ふらついておりました。
そこでは50も半ば過ぎとおぼしき男性が、フロアチーフさんと話しこんでおりました。
その人は以前そこで小径車を買って自転車にはまったらしく、ロードバイクデビューを狙っているようです。
しかしその人がかしこい自転車選びをするために読んだ本がいけない本だったようなのです。
その名も 「間違いだらけの自転車選び」 エンゾ早川 著 (笑)
なしていけないと言うのかって? オイラも買って読んだから(爆)
嘘偽りは書いてないけど、かーなり偏ってるからねー。
「雑誌のインプレに踊る美辞麗句にだまされるな。 記事の行間を読むことが重要だ。」なんて説いてるもん。
うん、したらその本の行間もまた読まなきゃダメなわけでさ。
ウブなトーシローが読むとたちまち洗脳されて、カーボンの完成車をバカにしながらクロモリにカンパで渋く決めちゃうワケ。
そのオジサマもね、GIOSにカンパで決めたくてその店で相談してるんだけどさあ、
そこじゃ、「いやー、正直カンパはよくわかりません。」なワケ。
どうせだからイイ物買って長く使いたい、という気持ちはわかるんだけどさあ、そもそもの出発点ってヤツがね・・・
GIOSでも高いのはアルミやカーボンだとわかると、今度はチネリとかコルナゴとかのクロモリが欲しいとか言い始めちゃって、
もうオイラはおもしろくって耳がダンボ状態。
その辺りになるともうフロアマネージャーさんも手に負えない域に入りつつあり、
「いやー、ウチではそんな本格的なロードとなるとノウハウもありませんし、
 なんならサイクル〇×△さんに行ってみませんか?紹介しますよ。」と。
オジサマったらその謙虚な姿勢が気に入っちゃってまた・・・・

まあオイラもその気は多いほうで、同じ穴のムジナと言われると否定はできないんだけどもさ、なにせビアンキのカンパだし。
ただまあ、それなりの経験値を積んだ身としては、多少の説教はできるワケ。「まず乗れ。」と。
やれカーボンの既製品にだまされて無駄金を払うな、とか、クロモリの奥深さが、とか頭でっかちになる前にまず漕げと。
そしてちゃんと違いのわかる体になれと。
違いのわかる体にならないと、イイモノの有難みも分からないだろが、と。
間違いとか失敗とか若気の至りとかは、「授業料」だと。
「シマノのブラケットじゃちゃんとしたダンシングは出来ない」っつうけど、アンタダンシングしてチャリ乗る体か?と。
長く乗れる、とか言う前に、アナタの年齢の限界は? いや、膝とか腰とか痛めちゃって乗れなくなるとか、
そもそもちゃんと乗れずに飽きちゃう可能性のほうが・・・??

クロモリは体にやさしい、とか言うけど、チネリもコルナゴもデローザetc・・・も、
当時のバリバリのレーサーが乗って不満のない固さに作ってるんだから軟弱トーシローにやさしいはずないじゃない。
フレームの材料が何か?なんてのは実は些細なことなんじゃないの?
結局、オーダーにまさるものなしだから、「体に合った寸法」に加えて、
「用途とスキルに適した固さとハンドリング」が操れる職人に作ってもらうのが理想だよね。
でも、スタイルが定まってない段階でオーダー、ったって、何をどうオーダーするの?
職人に自分の未来を予想して自転車作ってもらえるの?

そして、手に入れたあと、ずーっと一人で乗ってるの? 仲間、出来る? クラブとか入る?
調子こいた知ったかぶりの初心者は、たいていコナゴナにされるよー。
シマノで組んだアルミ車に乗ってる人は、速いわ長距離もへっちゃらだわで、理屈のつけいる余地はないから。
「ふーん、70万もかけたの?そんな無駄遣いしなくても98000円ので変わらないじゃん。」
なーんて言われちゃってもまったく反論できないから。



そん時の会話を思い出しながら妄想を膨らませると、どんどんあれやこれやとオツムが暴走して、
そして自分と照らし合わせては赤面したり耳が痛かったり。
自転車っつうのはオツムだけじゃ前に進まないし、筋肉だけで乗っちゃ味気ない。
上っ面の知識は本読むだけでも手に入るけど、本当の意味は乗って走って鍛えて体に叩き込んで、
そして実践から学んで考察しないと見えてこないもの。
とびきりの美女を欲しがるのはわかるけど、その美女にふさわしい男なのかい?
ふさわしいくらいに体と頭と心を磨いて、それから堂々とお迎えに参上するくらいの心構えがいると思うんだけどなあ。
スーパーコルサが似合う男。 マスターXライトにふさわしい男。 ネオプリマートがなじむ男。 
うーん、めっちゃハードル高い・・・・・(笑)



 「今のオレは、Lumさんにふさわしいだけの男なのかな?」

 「そして、コイツにふさわしい男になれるのかな?」

b0092232_23303579.jpg




     ・・・・・、うーん、ローラー台でヒイコラもがいてると、ろくでもない事ばっかりアタマに涌くなあ・・・・・
[PR]
by denzi-orange | 2010-02-15 00:17 | ばいくバイクBike